属性会心と特殊会心のスキル活用

属性会心と特殊会心

属性会心特殊会心MH4Gで追加された新スキルです。

 

効果としてはクリティカルヒット時に属性ダメージや状態異常値をアップさせるというものです。
クリティカルヒットが条件なので、このスキルを活かすのに重要になってくるのが会心率です。
そのため、会心率と属性値が高い武器とは非常に相性の良いスキルとなります。

 

もちろん、武器の会心率だけでなくスキルによる会心率アップも重要です。
その会心率を上げるスキルとしては4つあります。

 

一つ目は達人スキルです。
常時会心率が上昇するので、この新スキルとの相性は抜群に良いといえます。
しかし、このスキルは付与しやすい見切り+1では会心率が10%上昇と非常に効果は薄いです。
さらに30%上昇の見切りマスターは効果に対して必要ポイントが大きすぎるので使いづらいです。
あくまで付けられたら付ける程度で良いと思います。

 

二つ目は抜刀会心スキルです。
抜刀攻撃に+100%なので有効のように思えますが、属性や状態異常は手数が多い方が効果的なので実用的ではありません。

 

三つ目は闘魂スキルです。
条件付きではあるものの、攻撃力と会心率が上昇するので武器種を問わず使いやすいスキルです。
肝心の会心の上昇率は挑戦者+1で10%、+2で20%で、+2の場合は達人よりも若干ポイント効率が良いです。
発動条件とスキル付けにくいのが欠点ですが、火力アップも同時に出来るので非常に実用的な組み合わせです。

 

四つ目は本気スキルです。
こちらも条件付きスキルで、発動中は会心率の上昇とスタミナ消費量が減ります。
会心の上昇率は力の解放+1で30%、+2で50%と大幅に上昇します。
しかし、発動条件と闘魂の火力アップような実用的要素が無いのが大きな欠点です。
ただ、力の解放+2を会心率の高い武器や達人スキルと組み合わせる事で100%に近い数字まで上昇させることも可能です。
制限があるとはいえ、新スキルの性能を最も引き出せる可能性のあるスキルと言えます。

 

 

属性会心だとやはり闘魂の方が良いですが、特殊会心で状態異常を狙うには本気を使ってみても面白いかもしれません。